カンパチ

(ホンカンパチ)

目もとから背にかけて入る黒褐色の帯模様が、漢数字の"八"に見えることからその名が付いたカンパチ。釣り人からは青物御三家(ブリ、ヒラマサ、カンパチ)の一角として人気があり、脂の乗った上品な味わいから寿司ネタや刺身として定評がある。

「最大は80kgオーバー!青物界の暴君」

本州以南の温帯域に分布し、エサを求めて沿岸を移動する回遊魚の一種。ブリやヒラマサよりも体高が高く、パッと見で見分けがつきやすい。通常は水深50m前後で群れまたは単独で生活しており、小魚から中型魚、イカ類を捕食しながら成長する。

産卵は3~8月に行われ、分離浮遊卵を産む。産まれた仔魚は沖合の表層を漂い、流れ藻について稚魚期(モジャコ)を過ごす。15~40cmになると沿岸の浅場でエサを取るようになり、ショゴ(関東)やシオ(関西)などと呼ばれ陸っぱりからも釣れるようになる。

ある程度のサイズになると沖合で生活するようになり、最大は1.9mほどにまで成長する。大きくなるほど釣り上げることが難しく、最大級のカンパチは釣り人にとって憧れの存在といえる。
<主な釣り方>
■エサ釣り(泳がせ)
■ルアー(ジギング、キャスティング)

カンパチの釣果写真

鹿児島 / 谷山和田港
鹿児島 / 鹿児島港
静岡 / 松崎港
鹿児島 / 谷山和田港
鹿児島 / 鹿児島港
鹿児島 / 谷山和田港
カンパチの次はこちらも↓
50音順
アイナメ
アイナメ
アオハタ
アオハタ
アオリイカ
アオリイカ
アカハタ
アカハタ
アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
アコウダイ
アコウダイ
アジ(マアジ)
アジ(マアジ)
アブラボウズ
アブラボウズ
アマダイ
アマダイ
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
アラ
アラ
イサキ
イサキ
イシダイ
イシダイ
イシモチ
イシモチ
ウスメバル(オキメバル)
ウスメバル(オキメバル)
オオモンハタ
オオモンハタ
オニカサゴ
オニカサゴ
カサゴ
カサゴ
カツオ
カツオ
カレイ
カレイ
カワハギ
カワハギ
カンパチ
カンパチ
キジハタ(アコウ)
キジハタ(アコウ)
キハダマグロ(キメジ)
キハダマグロ(キメジ)
キンメダイ
キンメダイ
クロダイ(チヌ)
クロダイ(チヌ)
クロマグロ(メジ)
クロマグロ(メジ)
クロムツ
クロムツ
ケンサキイカ(マルイカ)
ケンサキイカ(マルイカ)
コウイカ(スミイカ)
コウイカ(スミイカ)
サバ
サバ
サワラ
サワラ
シイラ
シイラ
シマアジ
シマアジ
ショウサイフグ
ショウサイフグ
シロギス
シロギス
スズキ(シーバス)
スズキ(シーバス)
スルメイカ
スルメイカ
タコ
タコ
タチウオ
タチウオ
ハガツオ
ハガツオ
ハナダイ(チダイ)
ハナダイ(チダイ)
ハマダイ(オナガ)
ハマダイ(オナガ)
ヒラマサ
ヒラマサ
ヒラメ
ヒラメ
ヒレナガカンパチ
ヒレナガカンパチ
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ベニアコウ
ベニアコウ
ホウボウ
ホウボウ
マゴチ
マゴチ
マダイ
マダイ
マダラ
マダラ
マハタ
マハタ
メジナ(グレ)
メジナ(グレ)
メダイ
メダイ
メバル
メバル
ヤリイカ
ヤリイカ
魚図鑑
魚図鑑TOPに戻る