ヒレナガカンパチ

姿形はカンパチに酷似しているが、背ビレと尻ビレの前端部が鎌のように長く伸びている。近海で釣れるのは90cm前後までが大半ながら、最大で1.8mクラスの大物も確認されている。ただしカンパチほどは大きくならないようだ。

身は大変美味。養殖が盛んに行われているため流通も安定しており、スーパーでも普通に見かけるが、ヒラマサやブリに比べて漁獲量が少なく、天然物は高値で取引される。刺身や焼き物のほか、カルパッチョ風のサラダにしてみたり、魚すきやしゃぶしゃぶにしても美味しい。

「筋肉質の魚体から絞り出すパワーはケタ外れ」

カンパチは南日本一帯に分布し、若魚は半島周りの堤防でもよく釣れる。基本的に回遊性の魚でありながら、大型になると潮通しのよい岩礁帯に着く個体も見られる。

釣り方は生きたムロアジなどをエサにした泳がせ釣りや、ジギングが主流。ブリやヒラマサよりも体高があり、筋肉質の魚体から絞り出されるパワーはケタ外れ。ときとして根を巻くように走ることから、取り込みにくさは一級である。記録級を狙うのであれば、安易に仕掛けを細くしないことが肝要だ。

シーズンはほぼ周年。水温やエサとなる小魚、イカ類の有無に釣果が左右されるので、釣行前は直近の釣況をこまめにチェックしよう。
<主な釣り方>
■エサ釣り(泳がせ)
■ルアー(ジギング、キャスティング)

ヒレナガカンパチの釣果写真

鹿児島 / 谷山和田港
ヒレナガカンパチの次はこちらも↓
50音順
アイナメ
アイナメ
アオハタ
アオハタ
アオリイカ
アオリイカ
アカハタ
アカハタ
アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
アコウダイ
アコウダイ
アジ(マアジ)
アジ(マアジ)
アブラボウズ
アブラボウズ
アマダイ
アマダイ
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
アラ
アラ
イサキ
イサキ
イシダイ
イシダイ
イシモチ
イシモチ
ウスメバル(オキメバル)
ウスメバル(オキメバル)
オオモンハタ
オオモンハタ
オニカサゴ
オニカサゴ
カサゴ
カサゴ
カツオ
カツオ
カレイ
カレイ
カワハギ
カワハギ
カンパチ
カンパチ
キジハタ(アコウ)
キジハタ(アコウ)
キハダマグロ(キメジ)
キハダマグロ(キメジ)
キンメダイ
キンメダイ
クロダイ(チヌ)
クロダイ(チヌ)
クロマグロ(メジ)
クロマグロ(メジ)
クロムツ
クロムツ
ケンサキイカ(マルイカ)
ケンサキイカ(マルイカ)
コウイカ(スミイカ)
コウイカ(スミイカ)
サバ
サバ
サワラ
サワラ
シイラ
シイラ
シマアジ
シマアジ
ショウサイフグ
ショウサイフグ
シロギス
シロギス
スズキ(シーバス)
スズキ(シーバス)
スルメイカ
スルメイカ
タコ
タコ
タチウオ
タチウオ
ハガツオ
ハガツオ
ハナダイ(チダイ)
ハナダイ(チダイ)
ハマダイ(オナガ)
ハマダイ(オナガ)
ヒラマサ
ヒラマサ
ヒラメ
ヒラメ
ヒレナガカンパチ
ヒレナガカンパチ
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ベニアコウ
ベニアコウ
ホウボウ
ホウボウ
マゴチ
マゴチ
マダイ
マダイ
マダラ
マダラ
マハタ
マハタ
メジナ(グレ)
メジナ(グレ)
メダイ
メダイ
メバル
メバル
ヤリイカ
ヤリイカ
魚図鑑
魚図鑑TOPに戻る