アカハタ

真っ赤な体色に青いアイシャドウが美しいハタの一種。市場には頻繁に出回るが高価で、高級商材として扱われている。透明感のある上品な白身はどんな調理法にも合い、皮の下にあるゼラチン質は鍋にすると絶品。

「見た目も華やかな人気ハタ」

条鰭綱のスズキ目、ハタ科、ハタ亜科、マハタ属に属するアカハタ。本州南部、インド、太平洋域に広く分布し、沿岸の砂地混じりの岩礁帯、または珊瑚礁に生息している。サイズは最大30~40cmほどと、ハタ類の中ではかなり小型の部類になる。産卵期は夏で、ある程度の大きさになると雌から雄に性転換する。

アオハタやオオモンハタを専門で狙う人は少ないが、アカハタは割とメインターゲットして扱われている人気種。底物五目釣りやハタ類メインでのイワシの呑ませ釣りなど、各地でアカハタ釣りが楽しめる遊漁船が出ている。
<主な釣り方>
■エサ釣り(胴つき)
■ルアー(タイラバ、ジギング)

アカハタの釣果写真

千葉 / 乙浜港
宮崎 / 青島港
熊本 / 高浜港
アカハタの次はこちらも↓
50音順
アイナメ
アイナメ
アオハタ
アオハタ
アオリイカ
アオリイカ
アカハタ
アカハタ
アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
アコウダイ
アコウダイ
アジ(マアジ)
アジ(マアジ)
アブラボウズ
アブラボウズ
アマダイ
アマダイ
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
アラ
アラ
イサキ
イサキ
イシダイ
イシダイ
イシモチ
イシモチ
ウスメバル(オキメバル)
ウスメバル(オキメバル)
オオモンハタ
オオモンハタ
オニカサゴ
オニカサゴ
カサゴ
カサゴ
カツオ
カツオ
カレイ
カレイ
カワハギ
カワハギ
カンパチ
カンパチ
キジハタ(アコウ)
キジハタ(アコウ)
キハダマグロ(キメジ)
キハダマグロ(キメジ)
キンメダイ
キンメダイ
クロダイ(チヌ)
クロダイ(チヌ)
クロマグロ(メジ)
クロマグロ(メジ)
クロムツ
クロムツ
ケンサキイカ(マルイカ)
ケンサキイカ(マルイカ)
コウイカ(スミイカ)
コウイカ(スミイカ)
サバ
サバ
サワラ
サワラ
シイラ
シイラ
シマアジ
シマアジ
ショウサイフグ
ショウサイフグ
シロギス
シロギス
スズキ(シーバス)
スズキ(シーバス)
スルメイカ
スルメイカ
タコ
タコ
タチウオ
タチウオ
ハガツオ
ハガツオ
ハナダイ(チダイ)
ハナダイ(チダイ)
ハマダイ(オナガ)
ハマダイ(オナガ)
ヒラマサ
ヒラマサ
ヒラメ
ヒラメ
ヒレナガカンパチ
ヒレナガカンパチ
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ベニアコウ
ベニアコウ
ホウボウ
ホウボウ
マゴチ
マゴチ
マダイ
マダイ
マダラ
マダラ
マハタ
マハタ
メジナ(グレ)
メジナ(グレ)
メダイ
メダイ
メバル
メバル
ヤリイカ
ヤリイカ
魚図鑑
魚図鑑TOPに戻る