カワハギ

簡単に皮を剥ぐことができることから"カワハギ"と呼ばれるようになった本種。ホバリングしながらクチバシ状のおちょぼ口でエサをついばみ、きれいにハリだけ残すことから"エサ盗り名人"の異名を持つ。肉質は非常にフグに似ており、クリーミーな肝の味わいも絶品。その身と肝の双方を絡めていただく「肝和え」は、酒が進むことこの上なし!

「エサ取り名人との知恵比べが熱い!」

カワハギはフグ目、カワハギ科に属し、北海道以南から東シナ海沿岸の水深200m以浅に分布。生息域が幅広く、全国的に人気の魚種と言える。根が点在する砂泥底や岩礁域を好み、小さな甲殻類やゴカイなどを食べて生活している。サイズは25cmあれば良型と呼ばれ、30cmを超すものはかなり貴重。オスは背ビレの第2軟条が糸状に伸びるのが特徴だ。

シーズンは初夏から初冬までだが、肝の肥える低水温期に狙うのがおすすめ。エサを取るのが上手いため仕掛けに凝る人が多く、メーカーからも専用仕掛けやオモリ、エサなどが多数販売されているほど。なかなかハリ掛かりしないカワハギとの知恵比べが釣り人を熱くする!
<主な釣り方>
■エサ釣り(胴つき)

カワハギの釣果写真

和歌山 / 串本大島港
神奈川 / 腰越港
三重 / 御座港
鹿児島 / 長島町 火之浦港
愛知 / 伊良湖港
静岡 / 坂井平田港
熊本 / 鳩之釜港
三重 / 御座港
カワハギの次はこちらも↓
50音順
アイナメ
アイナメ
アオハタ
アオハタ
アオリイカ
アオリイカ
アカハタ
アカハタ
アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
アコウダイ
アコウダイ
アジ(マアジ)
アジ(マアジ)
アブラボウズ
アブラボウズ
アマダイ
アマダイ
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
アラ
アラ
イサキ
イサキ
イシダイ
イシダイ
イシモチ
イシモチ
ウスメバル(オキメバル)
ウスメバル(オキメバル)
オオモンハタ
オオモンハタ
オニカサゴ
オニカサゴ
カサゴ
カサゴ
カツオ
カツオ
カレイ
カレイ
カワハギ
カワハギ
カンパチ
カンパチ
キジハタ(アコウ)
キジハタ(アコウ)
キハダマグロ(キメジ)
キハダマグロ(キメジ)
キンメダイ
キンメダイ
クロダイ(チヌ)
クロダイ(チヌ)
クロマグロ(メジ)
クロマグロ(メジ)
クロムツ
クロムツ
ケンサキイカ(マルイカ)
ケンサキイカ(マルイカ)
コウイカ(スミイカ)
コウイカ(スミイカ)
サバ
サバ
サワラ
サワラ
シイラ
シイラ
シマアジ
シマアジ
ショウサイフグ
ショウサイフグ
シロギス
シロギス
スズキ(シーバス)
スズキ(シーバス)
スルメイカ
スルメイカ
タコ
タコ
タチウオ
タチウオ
ハガツオ
ハガツオ
ハナダイ(チダイ)
ハナダイ(チダイ)
ハマダイ(オナガ)
ハマダイ(オナガ)
ヒラマサ
ヒラマサ
ヒラメ
ヒラメ
ヒレナガカンパチ
ヒレナガカンパチ
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ベニアコウ
ベニアコウ
ホウボウ
ホウボウ
マゴチ
マゴチ
マダイ
マダイ
マダラ
マダラ
マハタ
マハタ
メジナ(グレ)
メジナ(グレ)
メダイ
メダイ
メバル
メバル
ヤリイカ
ヤリイカ
魚図鑑
魚図鑑TOPに戻る