マダイ

マダイは縄文時代の貝塚から骨が出土するほど、古くから日本人に食されてきた魚。その美味しさは言うまでもなく、刺身や塩焼、煮付けなど、まさに日本文化に密接している魚といえる。

「今も昔も変わらぬ"魚の王様"」

産卵を前に浅場に寄ってエサを食う、いわゆる"乗っ込み"の春が釣るにも食べるにも旬。その頃のマダイは鮮やかな桜色のボディと、艶めかしいコバルトブルーのアイシャドーが実に美しい。

そんな釣りの花形であるマダイは、揺るぎない人気ターゲットのひとつ。コマセやシャクリといった定番釣法を始め、シンプルなタックルでOKなひとつテンヤなど、様々な釣法で楽しめるのもおもしろい。

マダイはスズキ目、タイ科、マダイ亜科に属しており、体長は最大1mにまで成長する。北海道以南の日本周辺海域に生息し、奄美諸島や沖縄諸島には分布していない。2~3年魚からは水深200m前後の大陸棚へ移動し、産卵期を迎えると浅場へ寄る。
<主な釣り方>
■エサ釣り(コマセ、ひとつテンヤ、シャクリ、完全フカセ)
■ルアー(タイラバ)

マダイの釣果写真

福井 / 鷹巣
鹿児島 / 志布志港(志布志海運前)
茨城 / 日立久慈港
茨城 / 平潟港
茨城 / 平潟港
千葉 / 飯岡港
長崎 / 比田勝港
茨城 / 日立久慈港
愛知 / 伊良湖港
茨城 / 平潟港
福井 / 小浜旧港
青森 / 青森港/平舘漁港
青森 / 造道ボートパーク
熊本 / 玉名新川漁港
山形 / 酒田港 第1PBS
茨城 / 日立久慈港
三重 / 阿曽浦港
熊本 / 高浜港
青森 / 造道ボートパーク
鹿児島 / 谷山和田港
茨城 / 日立久慈港
長崎 / 早福港
鹿児島 / 鹿児島本港
福岡 / 東浜船溜
鹿児島 / 大根占港城ケ崎
鹿児島 / 光山長水路奥
宮崎 / 串間市福島港
鹿児島 / 長島町 火之浦港
鹿児島 / 鹿児島港
神奈川 / 金沢漁港
茨城 / 平潟港
茨城 / 日立久慈港
香川 / 多度津港
千葉 / 勝浦川津港
山形 / 酒田港 第1PBS
宮崎 / 油津港・外浦港
大阪 / 泉南 小島漁港
鹿児島 / 鹿児島本港
鳥取 / 鳥取港
マダイの次はこちらも↓
50音順
アイナメ
アイナメ
アオハタ
アオハタ
アオリイカ
アオリイカ
アカハタ
アカハタ
アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
アコウダイ
アコウダイ
アジ(マアジ)
アジ(マアジ)
アブラボウズ
アブラボウズ
アマダイ
アマダイ
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
アラ
アラ
イサキ
イサキ
イシダイ
イシダイ
イシモチ
イシモチ
ウスメバル(オキメバル)
ウスメバル(オキメバル)
オオモンハタ
オオモンハタ
オニカサゴ
オニカサゴ
カサゴ
カサゴ
カツオ
カツオ
カレイ
カレイ
カワハギ
カワハギ
カンパチ
カンパチ
キジハタ(アコウ)
キジハタ(アコウ)
キハダマグロ(キメジ)
キハダマグロ(キメジ)
キンメダイ
キンメダイ
クロダイ(チヌ)
クロダイ(チヌ)
クロマグロ(メジ)
クロマグロ(メジ)
クロムツ
クロムツ
ケンサキイカ(マルイカ)
ケンサキイカ(マルイカ)
コウイカ(スミイカ)
コウイカ(スミイカ)
サバ
サバ
サワラ
サワラ
シイラ
シイラ
シマアジ
シマアジ
ショウサイフグ
ショウサイフグ
シロギス
シロギス
スズキ(シーバス)
スズキ(シーバス)
スルメイカ
スルメイカ
タコ
タコ
タチウオ
タチウオ
ハガツオ
ハガツオ
ハナダイ(チダイ)
ハナダイ(チダイ)
ハマダイ(オナガ)
ハマダイ(オナガ)
ヒラマサ
ヒラマサ
ヒラメ
ヒラメ
ヒレナガカンパチ
ヒレナガカンパチ
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ベニアコウ
ベニアコウ
ホウボウ
ホウボウ
マゴチ
マゴチ
マダイ
マダイ
マダラ
マダラ
マハタ
マハタ
メジナ(グレ)
メジナ(グレ)
メダイ
メダイ
メバル
メバル
ヤリイカ
ヤリイカ
魚図鑑
魚図鑑TOPに戻る