ケンサキイカ

(アカイカ、シロイカ、マルイカ)

アカイカやシロイカ、小型のものをマルイカと呼んだりと様々な通称名を持つケンサキイカ。

ヤリイカやスルメイカなどツツイカ系の中でも特に味がよく、高級な鮮魚店や料亭でしかお目に掛かれない。

「地域によって異なる形態」

ケンサキイカは青森県以南の本州、四国、九州沿岸に広く分布しており、12月~2月は水深100m前後の深場に生息。春先の水温上昇とともに浅場へ移動し、産卵は4~10月頃に行われる。生まれた時期や生息区域によって大きさや体形が変化する特徴があり、ブドウイカ型、ゴトウイカ型、メヒカリイカ型の3型に分かれることで知られる。一見別種のイカに見えるが、すべて同じケンサキイカだ。

イカ釣りといえば夜のイメージだが、ケンサキイカは日中でも狙える。日中の場合は光の届きにくい海底付近を探り、夜は集魚灯に引かれて浮いてくるので表層がメインになる。
近年では鳥取のシロイカ夜釣りが人気を呼んでいる。
<主な釣り方>
■スッテ・プラヅノ(胴つき)
■エギ(ティップラン等)

ケンサキイカの釣果写真

鳥取 / 鳥取港
鳥取 / 鳥取港
鳥取 / 鳥取港
鳥取 / 網代港
鳥取 / 鳥取港
鳥取 / 鳥取港
佐賀 / 呼子港
福井 / 小浜旧港
鳥取 / 鳥取港
熊本 / 玉名新川漁港
鳥取 / 鳥取港
和歌山 / 塩屋港 / 南塩屋
鹿児島 / 長島町 火之浦港
京都 / 間人港
福井 / 小浜旧港
鳥取 / 鳥取港
ケンサキイカの次はこちらも↓
50音順
アイナメ
アイナメ
アオハタ
アオハタ
アオリイカ
アオリイカ
アカハタ
アカハタ
アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
アコウダイ
アコウダイ
アジ(マアジ)
アジ(マアジ)
アブラボウズ
アブラボウズ
アマダイ
アマダイ
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
アラ
アラ
イサキ
イサキ
イシダイ
イシダイ
イシモチ
イシモチ
ウスメバル(オキメバル)
ウスメバル(オキメバル)
オオモンハタ
オオモンハタ
オニカサゴ
オニカサゴ
カサゴ
カサゴ
カツオ
カツオ
カレイ
カレイ
カワハギ
カワハギ
カンパチ
カンパチ
キジハタ(アコウ)
キジハタ(アコウ)
キハダマグロ(キメジ)
キハダマグロ(キメジ)
キンメダイ
キンメダイ
クロダイ(チヌ)
クロダイ(チヌ)
クロマグロ(メジ)
クロマグロ(メジ)
クロムツ
クロムツ
ケンサキイカ(マルイカ)
ケンサキイカ(マルイカ)
コウイカ(スミイカ)
コウイカ(スミイカ)
サバ
サバ
サワラ
サワラ
シイラ
シイラ
シマアジ
シマアジ
ショウサイフグ
ショウサイフグ
シロギス
シロギス
スズキ(シーバス)
スズキ(シーバス)
スルメイカ
スルメイカ
タコ
タコ
タチウオ
タチウオ
ハガツオ
ハガツオ
ハナダイ(チダイ)
ハナダイ(チダイ)
ハマダイ(オナガ)
ハマダイ(オナガ)
ヒラマサ
ヒラマサ
ヒラメ
ヒラメ
ヒレナガカンパチ
ヒレナガカンパチ
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ベニアコウ
ベニアコウ
ホウボウ
ホウボウ
マゴチ
マゴチ
マダイ
マダイ
マダラ
マダラ
マハタ
マハタ
メジナ(グレ)
メジナ(グレ)
メダイ
メダイ
メバル
メバル
ヤリイカ
ヤリイカ
魚図鑑
魚図鑑TOPに戻る