マゴチ

上から押し潰したかのような扁平した魚体が特徴的。ユーモラスな外観とは裏腹に獰猛なフィッシュイーターであり、近年はヒラメとともにルアーの代表的なターゲットとして広く認知されている。
サイズは最大で60cmほどで、50cmを超えれば大型といってもよいだろう。近似種にイネゴチ、ヨシノゴチなどがいる。

「遅合わせでじっくり食わせる釣趣は格別」

マゴチは南日本の沿岸に分布。水深30m以内の砂泥地や岩礁交じりの砂地に棲息する。通常は海底に潜って姿を隠し、エビ類や小魚が通りかかると飛びついて捕食する。

船釣りでは、生きたサイマキエビやハゼ、メゴチなどをエサに、オモリを鋳込んだ独特のテンビンを用いた釣り方が一般的。マゴチのアタリは小さいうえ、食い込みも遅い。「コチ20」という言葉があるように、前アタリがあったら20秒待つつもりでじっくりと食い込ませる。この駆け引きがマゴチ釣り最大のおもしろさといえるだろう。

周年釣れる魚だが、「照りゴチ」と言葉があるように旬は夏。透き通った白身は大変美味で、刺身や洗いは絶品だ。市場では高級食材として扱われており、特に夏の活魚は非常に高値。料亭の味を自宅で満喫できるのは釣り人ならではの贅沢だ。
<主な釣り方>
■エサ釣り(泳がせ、テンビン)
■ルアー(ワーム等)

マゴチの釣果写真

愛知 / 冨具崎港
茨城 / 大洗港
茨城 / 日立久慈港
茨城 / 日立久慈港
熊本 / 玉名新川漁港
千葉 / 天津港
三重 / 御座港
神奈川 / 金沢漁港
マゴチの次はこちらも↓
50音順
アイナメ
アイナメ
アオハタ
アオハタ
アオリイカ
アオリイカ
アカハタ
アカハタ
アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
アコウダイ
アコウダイ
アジ(マアジ)
アジ(マアジ)
アブラボウズ
アブラボウズ
アマダイ
アマダイ
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
アラ
アラ
イサキ
イサキ
イシダイ
イシダイ
イシモチ
イシモチ
ウスメバル(オキメバル)
ウスメバル(オキメバル)
オオモンハタ
オオモンハタ
オニカサゴ
オニカサゴ
カサゴ
カサゴ
カツオ
カツオ
カレイ
カレイ
カワハギ
カワハギ
カンパチ
カンパチ
キジハタ(アコウ)
キジハタ(アコウ)
キハダマグロ(キメジ)
キハダマグロ(キメジ)
キンメダイ
キンメダイ
クロダイ(チヌ)
クロダイ(チヌ)
クロマグロ(メジ)
クロマグロ(メジ)
クロムツ
クロムツ
ケンサキイカ(マルイカ)
ケンサキイカ(マルイカ)
コウイカ(スミイカ)
コウイカ(スミイカ)
サバ
サバ
サワラ
サワラ
シイラ
シイラ
シマアジ
シマアジ
ショウサイフグ
ショウサイフグ
シロギス
シロギス
スズキ(シーバス)
スズキ(シーバス)
スルメイカ
スルメイカ
タコ
タコ
タチウオ
タチウオ
ハガツオ
ハガツオ
ハナダイ(チダイ)
ハナダイ(チダイ)
ハマダイ(オナガ)
ハマダイ(オナガ)
ヒラマサ
ヒラマサ
ヒラメ
ヒラメ
ヒレナガカンパチ
ヒレナガカンパチ
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ベニアコウ
ベニアコウ
ホウボウ
ホウボウ
マゴチ
マゴチ
マダイ
マダイ
マダラ
マダラ
マハタ
マハタ
メジナ(グレ)
メジナ(グレ)
メダイ
メダイ
メバル
メバル
ヤリイカ
ヤリイカ
魚図鑑
魚図鑑TOPに戻る