クロムツ

クロムツ
大きな眼に鋭い歯。スーパーでもよく見かけるなじみ深い魚である。近似種のアカムツやシロムツと区別するため、ムツのことをクロムツと呼んだりするが、ムツとクロムツは明かな別種。ムツは大きくても50cm前後に対し、クロムツは80cm以上に育つ。また、クロムツのほうが深い海域を好み、体色の黒みが強く鱗も細かい。

「キンメと並ぶ深場の人気ターゲット」

生息域は北海道以南。幼魚期は水深10m前後の沿岸域に棲み、ライトルアーの好ターゲットとして親しまれているが、成長すると水深100~300m、あるいはそれ以上の深場の岩礁帯周りにテリトリーを移す。キンメダイなどと同じく、深海釣りのターゲットだ。釣期はほぼ周年だが、旬は秋から冬にかけてである。

鋭い歯からもわかるように魚食性が強く、サバの短冊やシコイワシをエサにした胴つき仕掛けで狙うのが一般的。アタリは非常に大きく引きも強いが、水圧の変化には弱いため巻き上げる途中で弱ってしまう。

脂が乗った白身は大変美味しい。家庭料理の定番である煮付けを筆頭に、刺身や味噌漬けにしてもいける。ムツよりもクロムツのほうが市場価値が高いとされ、高値で取引されているようだ。
クロムツの活造り
<主な釣り方>
■エサ釣り(胴つき)
■ルアー(ジギング)

クロムツの釣果写真

神奈川 / 金沢漁港
千葉 / 太海港
三重 / 御座港
三重 / 御座港
鹿児島 / 谷山和田港
神奈川 / 金沢漁港
宮崎 / 古江港
高知 / 高知市横浜(灘港)
クロムツの次はこちらも↓
50音順
アイナメ
アイナメ
アオハタ
アオハタ
アオリイカ
アオリイカ
アカハタ
アカハタ
アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
アコウダイ
アコウダイ
アジ(マアジ)
アジ(マアジ)
アブラボウズ
アブラボウズ
アマダイ
アマダイ
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
アラ
アラ
イサキ
イサキ
イシダイ
イシダイ
イシモチ
イシモチ
ウスメバル(オキメバル)
ウスメバル(オキメバル)
オオモンハタ
オオモンハタ
オニカサゴ
オニカサゴ
カサゴ
カサゴ
カツオ
カツオ
カレイ
カレイ
カワハギ
カワハギ
カンパチ
カンパチ
キジハタ(アコウ)
キジハタ(アコウ)
キハダマグロ(キメジ)
キハダマグロ(キメジ)
キンメダイ
キンメダイ
クロダイ(チヌ)
クロダイ(チヌ)
クロマグロ(メジ)
クロマグロ(メジ)
クロムツ
クロムツ
ケンサキイカ(マルイカ)
ケンサキイカ(マルイカ)
コウイカ(スミイカ)
コウイカ(スミイカ)
サバ
サバ
サワラ
サワラ
シイラ
シイラ
シマアジ
シマアジ
ショウサイフグ
ショウサイフグ
シロギス
シロギス
スズキ(シーバス)
スズキ(シーバス)
スルメイカ
スルメイカ
タコ
タコ
タチウオ
タチウオ
ハガツオ
ハガツオ
ハナダイ(チダイ)
ハナダイ(チダイ)
ハマダイ(オナガ)
ハマダイ(オナガ)
ヒラマサ
ヒラマサ
ヒラメ
ヒラメ
ヒレナガカンパチ
ヒレナガカンパチ
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ベニアコウ
ベニアコウ
ホウボウ
ホウボウ
マゴチ
マゴチ
マダイ
マダイ
マダラ
マダラ
マハタ
マハタ
メジナ(グレ)
メジナ(グレ)
メダイ
メダイ
メバル
メバル
ヤリイカ
ヤリイカ
魚図鑑
魚図鑑TOPに戻る