アカムツ

(ノドグロ)

脂の乗りがよく、上品な味わいで定評のあるアカムツ。以前から山陰地方では高級魚として扱われてきたが、近年は関東周辺でも釣れるということで再び注目を集めている。“ノドグロ”とは口内の喉奥まで黒いことが由来。

「周年狙える海の宝石」

標準和名はアカムツと呼ばれているが、実はムツ科ではなくホタルジャコ科に属する魚。なんとなく姿形は似ているが、ムツの両顎にある犬歯はアカムツになく、種としては別物となる。

関東及び新潟以南、西太平洋、東インド洋に分布し、水深100~200mの大陸棚のカケアガリや砂底を好む。甲殻類やイカなどの軟体動物を補食し、最大40cm前後に成長する。
アカムツの活造り
釣り方はムツ針を結んだ胴つきや吹き流し仕掛けに、サバやシャケハラスの短冊を掛けたものを海底に下ろして釣るのが一般的。底より少し上を遊泳しているので、仕掛けが底ベタにならないようにするのがポイント。
ノドが黒いからノドグロ
<主な釣り方>
■エサ釣り(胴つき)
■ルアー(ジギング)

アカムツの釣果写真

茨城 / 平潟港
静岡 / 松崎港
千葉 / 太海港
山形 / 酒田港 第1PBS
神奈川 / 金沢漁港
茨城 / 平潟港
千葉 / 太海港
鹿児島 / 谷山和田港
茨城 / 平潟港
茨城 / 平潟港
アカムツの次はこちらも↓
50音順
アイナメ
アイナメ
アオハタ
アオハタ
アオリイカ
アオリイカ
アカハタ
アカハタ
アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
アコウダイ
アコウダイ
アジ(マアジ)
アジ(マアジ)
アブラボウズ
アブラボウズ
アマダイ
アマダイ
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
アラ
アラ
イサキ
イサキ
イシダイ
イシダイ
イシモチ
イシモチ
ウスメバル(オキメバル)
ウスメバル(オキメバル)
オオモンハタ
オオモンハタ
オニカサゴ
オニカサゴ
カサゴ
カサゴ
カツオ
カツオ
カレイ
カレイ
カワハギ
カワハギ
カンパチ
カンパチ
キジハタ(アコウ)
キジハタ(アコウ)
キハダマグロ(キメジ)
キハダマグロ(キメジ)
キンメダイ
キンメダイ
クロダイ(チヌ)
クロダイ(チヌ)
クロマグロ(メジ)
クロマグロ(メジ)
クロムツ
クロムツ
ケンサキイカ(マルイカ)
ケンサキイカ(マルイカ)
コウイカ(スミイカ)
コウイカ(スミイカ)
サバ
サバ
サワラ
サワラ
シイラ
シイラ
シマアジ
シマアジ
ショウサイフグ
ショウサイフグ
シロギス
シロギス
スズキ(シーバス)
スズキ(シーバス)
スルメイカ
スルメイカ
タコ
タコ
タチウオ
タチウオ
ハガツオ
ハガツオ
ハナダイ(チダイ)
ハナダイ(チダイ)
ハマダイ(オナガ)
ハマダイ(オナガ)
ヒラマサ
ヒラマサ
ヒラメ
ヒラメ
ヒレナガカンパチ
ヒレナガカンパチ
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ベニアコウ
ベニアコウ
ホウボウ
ホウボウ
マゴチ
マゴチ
マダイ
マダイ
マダラ
マダラ
マハタ
マハタ
メジナ(グレ)
メジナ(グレ)
メダイ
メダイ
メバル
メバル
ヤリイカ
ヤリイカ
魚図鑑
魚図鑑TOPに戻る