アラ

若魚は体側に明瞭な3本の暗褐色縦帯を有すが、成長とともに不明瞭となる。主鰓蓋骨(鰓蓋)に剣状の鋭い棘を有する。若魚は水深100~150m前後の砂泥・砂礫底に多いが、成魚は住処を水深250~350mとやや深みに移す。大型は1m、10kg超。春先に産卵する。

「極上の味覚を持つ魚」

マハタやクエ同様、釣り上げた直後は身の締りが良過ぎる本種。チルド庫で寝かせて熟成させ、旨味を引き出すのがセオリー。刺身にするなら小型でも2~3日、大型は数日。鱗と鰓腸を処理し、可能な限り「丸のままで」チルド庫で寝かす。外気に触れる部分を極力減らし、雑菌の付着を防ぐ工夫を。

本種はキロ辺り1万円とも言われ、おいそれとは手が出ない高級魚。代用品として近年はニュージーランド産の「ハプカ」と言う魚が「豪州産アラ」として店頭に並ぶ。因みに価格は国産の1/3~1/5程度とお手頃だが、味も「それなり」。

ちょっとした水温や潮具合で全く口を使わないと半面、エサの種類も気にせずにその名の通り「荒喰い」も。何とも気紛れ&気難しい相手だ。
<主な釣り方>
■エサ釣り(テンビン)
■ルアー(ジギング)

アラの釣果写真

富山 / 黒部漁港
鹿児島 / 谷山和田港
富山 / 黒部漁港
鹿児島 / 谷山和田港
アラの次はこちらも↓
50音順
アイナメ
アイナメ
アオハタ
アオハタ
アオリイカ
アオリイカ
アカハタ
アカハタ
アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
アコウダイ
アコウダイ
アジ(マアジ)
アジ(マアジ)
アブラボウズ
アブラボウズ
アマダイ
アマダイ
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
アラ
アラ
イサキ
イサキ
イシダイ
イシダイ
イシモチ
イシモチ
ウスメバル(オキメバル)
ウスメバル(オキメバル)
オオモンハタ
オオモンハタ
オニカサゴ
オニカサゴ
カサゴ
カサゴ
カツオ
カツオ
カレイ
カレイ
カワハギ
カワハギ
カンパチ
カンパチ
キジハタ(アコウ)
キジハタ(アコウ)
キハダマグロ(キメジ)
キハダマグロ(キメジ)
キンメダイ
キンメダイ
クロダイ(チヌ)
クロダイ(チヌ)
クロマグロ(メジ)
クロマグロ(メジ)
クロムツ
クロムツ
ケンサキイカ(マルイカ)
ケンサキイカ(マルイカ)
コウイカ(スミイカ)
コウイカ(スミイカ)
サバ
サバ
サワラ
サワラ
シイラ
シイラ
シマアジ
シマアジ
ショウサイフグ
ショウサイフグ
シロギス
シロギス
スズキ(シーバス)
スズキ(シーバス)
スルメイカ
スルメイカ
タコ
タコ
タチウオ
タチウオ
ハガツオ
ハガツオ
ハナダイ(チダイ)
ハナダイ(チダイ)
ハマダイ(オナガ)
ハマダイ(オナガ)
ヒラマサ
ヒラマサ
ヒラメ
ヒラメ
ヒレナガカンパチ
ヒレナガカンパチ
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ベニアコウ
ベニアコウ
ホウボウ
ホウボウ
マゴチ
マゴチ
マダイ
マダイ
マダラ
マダラ
マハタ
マハタ
メジナ(グレ)
メジナ(グレ)
メダイ
メダイ
メバル
メバル
ヤリイカ
ヤリイカ
魚図鑑
魚図鑑TOPに戻る