ハマダイ

(オナガ)

鮮やかな紅色をしたハマダイは、別名オナガと呼ばれるように体長の3分の1近くもある長い尾ビレがトレードマーク。V字の切れ込みは成長するにしたがって深くなる。食味はマダイ以上と評する人もいるほど美味で、市場でも高値で取引される高級魚。沖縄ではアカマチと呼ばれ、特に珍重される。

「大きな尾ビレで引きはパワフル」

ハマダイは水深200~500mの岩礁帯に棲息し、エビやカニなどの甲殻類や、小魚、イカなどを細くする。伊豆諸島では80m以浅の浅場でマダイに交じって釣れることもあるが、一般には深海釣りのターゲットとされている。

仕掛けは身エサを用いた胴つき仕掛け。深海の魚ながら水圧の変化に強く、長いヒレで最後の最後まで抵抗を繰り返す。紺碧の海から緋色の魚体が次々に上がってくる様は爽快のひと言だ。

生息域は南日本一帯で、ほぼ周年狙うことができる。70cmクラスを平均に最大1m前後まで大きくなるため、1尾釣れれば豪華な宴が約束されたも同然。刺身はもちろん、焼いてよし、煮てよし、揚げ物でも蒸し物でも上品な味を楽しめる。
<主な釣り方>
■エサ釣り(胴つき、コマセ等)
■ルアー(ジギング)

ハマダイの釣果写真

ハマダイの次はこちらも↓
50音順
アイナメ
アイナメ
アオハタ
アオハタ
アオリイカ
アオリイカ
アカハタ
アカハタ
アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
アコウダイ
アコウダイ
アジ(マアジ)
アジ(マアジ)
アブラボウズ
アブラボウズ
アマダイ
アマダイ
アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
アラ
アラ
イサキ
イサキ
イシダイ
イシダイ
イシモチ
イシモチ
ウスメバル(オキメバル)
ウスメバル(オキメバル)
オオモンハタ
オオモンハタ
オニカサゴ
オニカサゴ
カサゴ
カサゴ
カツオ
カツオ
カレイ
カレイ
カワハギ
カワハギ
カンパチ
カンパチ
キジハタ(アコウ)
キジハタ(アコウ)
キハダマグロ(キメジ)
キハダマグロ(キメジ)
キンメダイ
キンメダイ
クロダイ(チヌ)
クロダイ(チヌ)
クロマグロ(メジ)
クロマグロ(メジ)
クロムツ
クロムツ
ケンサキイカ(マルイカ)
ケンサキイカ(マルイカ)
コウイカ(スミイカ)
コウイカ(スミイカ)
サバ
サバ
サワラ
サワラ
シイラ
シイラ
シマアジ
シマアジ
ショウサイフグ
ショウサイフグ
シロギス
シロギス
スズキ(シーバス)
スズキ(シーバス)
スルメイカ
スルメイカ
タコ
タコ
タチウオ
タチウオ
ハガツオ
ハガツオ
ハナダイ(チダイ)
ハナダイ(チダイ)
ハマダイ(オナガ)
ハマダイ(オナガ)
ヒラマサ
ヒラマサ
ヒラメ
ヒラメ
ヒレナガカンパチ
ヒレナガカンパチ
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ブリ(ワラサ、ハマチ)
ベニアコウ
ベニアコウ
ホウボウ
ホウボウ
マゴチ
マゴチ
マダイ
マダイ
マダラ
マダラ
マハタ
マハタ
メジナ(グレ)
メジナ(グレ)
メダイ
メダイ
メバル
メバル
ヤリイカ
ヤリイカ
魚図鑑
魚図鑑TOPに戻る